男性

子供に習い事をさせるなら|ピアノレッスンを検討しよう

STという医療専門人

ウーマン

話す聞く食べるの専門家

数ある医療系の職業のなかに、言語聴覚士(ST)という職種があります。言語聴覚士は一般にあまり知られていない職種かもしれません。どういう仕事をする人かというと、病気や老いによって話す、聞く、食べるなどの障害を持った患者さんに対して特別な訓練をします。できるだけもとの状態に回復させ、その人らしい生活を送れるようサポートします。言語聴覚士の資格を取得するには、文部科学大臣が指定する学校(3〜4年制大学・短大)か、都道府県知事が指定する言語聴覚士養成所(3〜4年制の専修学校)を卒業し、国家試験に合格しなければなりません。国家試験の合格率は、約60%ですが、新卒ではもっと合格率は高いです。進学を考える場合、各学校の合格率をきちんと調べたほうがいいでしょう。言語聴覚士の学校で学ぶ内容は、基礎から専門科目まで、幅広いです。基礎科目では、言語・コミュニケーション行動に関する医学、心理学、言語学、音声学、音響学、社会科学などです。専門科目では、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、発生発語・嚥下障害学、聴覚障害学などです。対象となる人は、お年寄りや幼児、病気の後遺症をもった方々です。働く場所は病院やリハビリテーションセンター、老人福祉施設、小中学校や特別支援学校など、医療分野のみならず福祉や教育機関などがあり、活躍の場は広いです。また、超過勤務や休日出勤などほぼない職種ですので、結婚後も家庭との両立がしやすく女性には人気の職業といえます。言語聴覚士の資格は一生ものですので、出産後復職しやすいのも魅力です。